« 東京の関西人 | トップページ | ヨーロッパのオーティスレディング »

2006年4月25日 (火)

偉大なるソウルへの入口 ライブ・アット・ジ・アポロ/ダリル・ホール&ジョン・オーツ

85年、ソニーミュージックTV、ミュージックトマトジャパン、ベストヒットUSA等、MTV全盛期、ホール&オーツ最盛期の頃、彼らは当時ニューヨークのハーレムに再オープンした “R&B/ソウルの殿堂”アポロ・シアターの新装開店こけら落としに憧れのテンプスのメンバーを招いて出演している。この時の演奏を収めたのがこのアルバムだ。

ライブ・アット・ジ・アポロ/ダリル・ホール&ジョン・オーツ

Img_0663

後々、ジェイムス・ブラウンを始めとする同タイトルの傑作ライブアルバムを知っていく事になるがなんといっても初めてのアポロ・・・エディ・ケンドリックとデビッド・ラフィンのオリジナル・テンプスの声が聞ける。最初のアポロ・メドレーに非の打ち所はない。自分にとっては偉大なるソウルへの入り口となった名ライブアルバムだ。後にストーンズの「イッツ・オンリー・ロックンロール」で“エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ”が入ってんのを知って喜んだり、今回の来日でストーンズが日本でこのナンバーをやってくれて更に大感激!この曲を知ったのはこのライブ盤があったから・・・オリジナル・テンプスを迎えたダリル・ホールの喜々としたはしゃぎっぷり、気合の入ったコーラスワークも堪能出来ます。入口がこのライブ盤で良かった。P.S この時の映像は是非DVDにして発売して欲しいな・・・ライブ・エイドでもこのメンツでの映像は楽しめるのだが・・是非フルサイズのアポロ希望!

|
|

« 東京の関西人 | トップページ | ヨーロッパのオーティスレディング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174082/9755006

この記事へのトラックバック一覧です: 偉大なるソウルへの入口 ライブ・アット・ジ・アポロ/ダリル・ホール&ジョン・オーツ:

« 東京の関西人 | トップページ | ヨーロッパのオーティスレディング »