« 偉大なるソウルへの入口 ライブ・アット・ジ・アポロ/ダリル・ホール&ジョン・オーツ | トップページ | ステイディアム・アーケイディアム »

2006年5月 3日 (水)

ヨーロッパのオーティスレディング

“ソウルの名盤にライブあり”。こんな格言があると思わせる程、ソウルのジャンルにはいかしたライブの名盤が数多くある。中でも飛び切り熱いのものをひとつ・・。グルーヴィベイビー、グルーヴィベイビー、MCの後に続くのはオーティスへのコール、ドナルド・ダック・ダンの強烈に跳ねるベースに誘われ、オーティスの豪快なシャウトが・・・1曲目の「リスペクト」からオーティスとMGSの世界に引き込まれる。Img_0667続く「キャント・ターン・ユー・ルース」へと続く構成が更に惹きつけ「愛しすぎて」「マイ・ガール」へと続いていく・・・緩急をつけて「シェイク」「サティスファクション」に、「サティスファクション」は言わずとしれたストーンズのヒット・ナンバー。この曲については、実はオーティスが作ったナンバーで・・・そんな噂話を信じてしまうほどこのアルバムでのアレンジが優れていて、ストーンズ初来日のスティール・ホイールズツアーでもオーティス風のアレンジを施していた。第一、ストーンズ自体オリジナルのテンポで「サティスファクション」を演奏したことは自分は聞いた事がない。ストーンズもオーティスの楽曲を取り上げており、幸福な相互関係が想像出来る。少しくらいの憂鬱な気分なんか軽く吹っ飛ばしてくれるソウルの名盤、RCサクセション好きにもたまらないマストなアイテムです。

 

|

« 偉大なるソウルへの入口 ライブ・アット・ジ・アポロ/ダリル・ホール&ジョン・オーツ | トップページ | ステイディアム・アーケイディアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174082/9874696

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパのオーティスレディング:

« 偉大なるソウルへの入口 ライブ・アット・ジ・アポロ/ダリル・ホール&ジョン・オーツ | トップページ | ステイディアム・アーケイディアム »