« ゴッドファーザー/オリジナルサウンドトラック | トップページ | スルー・ザ・パスト・ダークリー/ザ・ローリング・ストーンズ »

2006年6月24日 (土)

ゼニヤッタ・モンダッタ/ポリス

Photo_2 ゼニヤッタ・モンダッタ・・・凄い響きの言葉である。関西地区の子供がこんな言葉を叫んだら、すぐさまオカンが飛んで来て「あんた、あほみたいな事言いな!」と怒るに違いない・・・何せ自分の住んでいた地域では、どう転んでも「銭やった、揉んだった」、お金を払って揉む行為にしか受け取られないからだ・・・。何でこんな事を書いているのだろう・・・それはある一通のツレ(友達)のメールから始まった。“○☓逮捕されたらしいで猥褻罪で・・・”○☓とは、わしの地元の中学で教師をやっていた男であり、記憶が確かならわしの兄貴の家庭教師をしていたこともある男、そしてメールをくれたツレの担任でもあった男・・・。

事の真相は中学校(母校)に侵入し、現金(計70万)をパクッたらしい。“キャバクラに行く金が欲しかった、お気に入りの娘に会いたかった”もーすっかり脱毛・・いや脱帽である。そんな短絡的な犯行しか出来ない男が人を教育する立場にいたなんて・・・。何故かそのオッサンの顔と思い出すのがこのタイトル。オッサンがキャバクラで“銭やった、揉んだった状態”かは知る由もないが、オープニングナンバーは‘高校教師’2曲目は‘世界は悲しすぎる’5曲目は‘果てしなき妄想’クロージングナンバーは‘もうひとつの終止符’。片田舎の‘中学教師’は‘果てしなき妄想’を重ね、安定した生活・購入した立派な邸宅まで捨て‘もうひとつの終止符’を打った・・・。家族の住む‘世界を悲しすぎる’程変えてしまった男・・・。世界で最高にクールネスを貫き、現実的であり続けようとしたバンド、ポリスを聞いて思う・・・あのオッサンがもう少し現実的であったなら・・・。

P.S このアルバムに収録されている‘ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ’にはナイスすぎる日本語ヴァージョン有り。   

|
|

« ゴッドファーザー/オリジナルサウンドトラック | トップページ | スルー・ザ・パスト・ダークリー/ザ・ローリング・ストーンズ »

コメント

ゼニヤッタモンダッタものすごいひびきです。そらみみの世界ですね。♪

投稿: soul beuty dr | 2006年6月25日 (日) 16:41

しかし、トホホな事件。メールを送ってくれたのは当然“彼”です。

投稿: ヒデロックス | 2006年6月25日 (日) 18:11

ゼニヤッタ・モンダッタの解釈、本当にそうかもしれませんよ!ポリスが来日したとき、コープランドのそれぞれのタムには「お○○こ」とひらがなで書いてありましたから。大阪公演で仕入れたフレーズかも?

投稿: その説に一票 | 2014年10月15日 (水) 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174082/10657985

この記事へのトラックバック一覧です: ゼニヤッタ・モンダッタ/ポリス:

« ゴッドファーザー/オリジナルサウンドトラック | トップページ | スルー・ザ・パスト・ダークリー/ザ・ローリング・ストーンズ »