« ザ・ティアーズ・オブ・ア・クラウン/THE RCサクセション | トップページ | 夏の太陽に合う調べ レジェンド/ボブ・マーリィ&ザ・ウェイラーズ »

2006年7月21日 (金)

弧独/スザンヌ・ヴェガ 痛みを伴うミュージック

Photo_3 My name is luka

I live on the second floor

I live upstairs from you

Yes I think you've seen me before

If  you hear something late at night

Some kind of trouble ,some kind of fight

Just do'nt ask me what it was ×3

ボクの名前はルカ

2階に住んでいるんだ

君のうちの真上に

そう ぼくのこと 見たことあるよね?

真夜中に、何か聞こえても

たとえば怒鳴り声とか、ケンカとか・・・

でも何があったのって聞かないで

この“ルカ”が発表されて20年近くになる。このアルバムは名盤だ。何しろこの曲が入っているのだから・・・。当時、日本にはあまり見受けられなかったと記憶している“児童虐待”をテーマした珠玉の名曲だ。曲の良さとテーマのへヴィさ、当時ヒットしたのでかなり憶えている人も多いはず。今や日本でも、毎年この手のニュースは後を絶たない・・・どころか年々増えいている上に、猟奇的、救いがないケースが増えているような気がする。この手の報道があるたびに、やりきれない、絶望的な気持ちになる。秋田の事件に関しても、誰もが感じていたように最悪の結末になってしまった。田舎の警察の杜撰な捜査がなければ、もうひとつの事件は防げたはず。子供を持つ親としては胸が張り裂けそうだ。この歌の主人公は、虐待を受けながらも何とか大丈夫と強がる、どうも彩香ちゃんにだぶってしまう。ポピュラーミュージックは、社会を変えることは難しいが、心を動かすことが出来る。最近の歌で“ルカ”のように考えさせられたり、痛みを伴ってヒリヒリする曲というものが非常に減ってるように感じる。

また“ルカ”を聞く、このような悲惨な事件が社会から無くなる事を祈って・・・

|
|

« ザ・ティアーズ・オブ・ア・クラウン/THE RCサクセション | トップページ | 夏の太陽に合う調べ レジェンド/ボブ・マーリィ&ザ・ウェイラーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174082/11036885

この記事へのトラックバック一覧です: 弧独/スザンヌ・ヴェガ 痛みを伴うミュージック:

« ザ・ティアーズ・オブ・ア・クラウン/THE RCサクセション | トップページ | 夏の太陽に合う調べ レジェンド/ボブ・マーリィ&ザ・ウェイラーズ »