« ええねん/ウルフルズ 謎のホームページ サラリーマンNEO終了にむけて | トップページ | 健さんからの手紙(コメント) 特別編 ローリング・ストーンズ伝説の目撃者たち/山川健一 »

2006年9月29日 (金)

清志郎を待ちながら メンフィス/忌野清志郎

Photo_15 来週、10月4日(水)に忌野清志郎の新譜「夢助」がリリースされる。9月26日にフジTVで特集番組をやっていたのでチェック、今回のアルバムは14年振りに、スティーヴ・クロッパーがプロデュース。スティーヴ・クロッパーは5月に投稿したオーティス・レディングのバックを務めていたギタリスト、ブルース・ブラザーズのメンバーとしても有名な人物だ。このアルバム“メンフィス”はオーティスのホームタウン、メンフィスでレコーディングが行なわれ、当然バックはクロッパー率いるオーティスのバック・メンMG’sの面々。このアルバムは清志郎のアルバムの中では音の抜けが抜群に優れており、クロッパーのプロデューサーとしてのセンス、シンプルでタイトなファンキー・ギターは健在、少ない音数で清志郎の歌を引き立てている。清志郎の歌にもMG'sと共演を心より楽しんでいる様子が伺え微笑ましい。来週、このアルバムに似たごきげんなアルバムがリリースされる、それまで僕はこの“メンフィス”を聞く・・・清志郎を待ちながら。

|

« ええねん/ウルフルズ 謎のホームページ サラリーマンNEO終了にむけて | トップページ | 健さんからの手紙(コメント) 特別編 ローリング・ストーンズ伝説の目撃者たち/山川健一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174082/12089083

この記事へのトラックバック一覧です: 清志郎を待ちながら メンフィス/忌野清志郎:

» 夢助 忌野清志郎 がんばれよぉ! [自分流行通信 jhiblog ランチアデルタと暮らす日々]
音楽に魅力を感じなくなった人たちにも、ぜひ聞いて欲しいと思う。RBを聞いていた人なら、おそらく受け入れられると思うのですが‥‥。わたしにとってRBは演歌なので、日本語で歌われるとますますそう感じます。まあ昔、思い入れが強くなる個人的エピソード...... [続きを読む]

受信: 2006年10月14日 (土) 02:38

« ええねん/ウルフルズ 謎のホームページ サラリーマンNEO終了にむけて | トップページ | 健さんからの手紙(コメント) 特別編 ローリング・ストーンズ伝説の目撃者たち/山川健一 »