« シンジラレナーイ(特別編) 「書ける人」になるブログ文章教室/山川健一 | トップページ | 11/30 キャピトル東急ホテル閉館 アンソロジー2/ザ・ビートルズ »

2006年11月23日 (木)

さぁ、働こうぜ! プリミティブ・クール/ミック・ジャガー

Photo_23 本日、11月23日は勤労感謝の日。勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日らしい。こうして調べてみるといい日だなと思う。今から20年近く前、こんな事を声高に叫ぶ曲があった。ミック・ジャガーのセカンド・ソロアルバムに収められている“LET’S WORK”だ。確か先行シングルかなんかで、ミックがただ走るだけのチープなPVもよく流れていた。そのシンプルなタイトル、アップテンポの他愛もないナンバーにあまり印象には残らなかったが年月を重ねる毎に、そしてミック・ジャガーについて、少しは詳しくなるとともに俄然意味を持ったナンバーになってきている。ミックは当時、山川健一とのインタビューで“イギリス人に欠けている部分を歌にしたのさ、ハハハ。まったく奴らときたら自信を失くしちまって働く気がないんだからな、貧乏なんかぶっ飛ばせというイギリス人に向けたメッセージなんだよ”と語っている。世界最強のロック・バンド、ローリング・ストーンズのビジネス部分を担当し、なおかつ最高のパフォマーであり続けるミックはやはりどのバンドのヴォーカリストよりもよく働いている。そして勤労の尊さを知っている。“セックス、ドラッグ、ロックンロール”と叫ぶより、“レッツ・ワーク”と歌う事の方が過激ではないか?仕事で自信を失くし、怠けたい気分になるとこのナンバーをかけて襟を正そうとしている自分がいる。

|
|

« シンジラレナーイ(特別編) 「書ける人」になるブログ文章教室/山川健一 | トップページ | 11/30 キャピトル東急ホテル閉館 アンソロジー2/ザ・ビートルズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174082/12797548

この記事へのトラックバック一覧です: さぁ、働こうぜ! プリミティブ・クール/ミック・ジャガー:

« シンジラレナーイ(特別編) 「書ける人」になるブログ文章教室/山川健一 | トップページ | 11/30 キャピトル東急ホテル閉館 アンソロジー2/ザ・ビートルズ »