« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月11日 (日)

1987年を振り返る サイン・オブ・ザ・タイムズ/プリンス

Photo_33 “吉田照美のやる気MANMAN”が20年の歴史にピリオドを打ち、この3月を持って終了する事にかこつけた、1987年特集。ワンダーリング・スピリット(http://ameblo.jp/hiderocks/)と勝手に連動企画で第5弾。今回はプリンスのマスターピース「サイン・オブ・ザ・タイムズ」。どのアーティストにもこれは外せないという一枚があり、多作、駄作の少ないプリンスで悩んだがやはりこれは外せない。プリンスのアルバムの評価をするときに必ずこのアルバムを超えているかをポイントにしてしまう罪作りな名盤。「1999」以来活動をともにしてきたバック・バンド、レヴォリューションと別れ、プリンスの単独名義で制作されている。元々、マルチプレイヤーであったプリンスがその才能をスパークさせほぼ一人で作りあげた音楽の数々、数曲ゲストプレイヤーが参加しているおかげで、極度の密室性は薄れ、シーナ・イーストンとのデュエットなど程よいエンターテイメント性も確保している。溢れる才能を押さえきれない・・・1曲目の音作り・配列から鬼気迫るものが伝わるその様は圧巻ですらある。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年3月 3日 (土)

ひな祭り ビー・ユアセルフ・トゥナイト/ユーリズミックス

Photo_32

3月3日、長女のひな祭り。近くの「茶月」で寿司を取り鶴見で有名なケーキ屋「Laplace」でお好みのケーキを購入。娘が嬉しそうにしていた、今はまだ天使達に見える子供達(親バカ?)に今やスタンダード・ナンバーと化した「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」(デララルラララルラー♪の印象的なアカペラから始まるあの曲です。)を収録したユーリズミックスのこのアルバムを捧げます。

*この作品は、スティーヴィ・ワンダー、アレサ・フランクリン、エルヴィス・コステロ、トム・ぺティ&ザ・ハートブレイカーズが参加したヒット・アルバム。ちなみに「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」のいかしたハープはスティーヴィ・ワンダーによるものです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »