« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

歴史上どの時代においても日本がアメリカに謝罪することは何ひとつない 日本の人/HIS

His_1 アメリカのアホな下院議員、マイク・ホンダが出したいわゆる「従軍慰安婦決議案」。お粗末な調査内容、この決議に法的拘束力は全くないが自国の人権問題とされるグアンタモ基地の捕虜問題は棚上げし、日本の過去を断罪しようとする驕ったアメリカの一部のアホな議員の姿勢には心底腹が立つ。この謝罪の上に成り立つ日米同盟であれば、そんな嘘くさい同盟は破棄すればよい。大量破壊兵器のないイラクへの徹底攻撃、核兵器を開発した北朝鮮への生ぬるいアメリカの対応。そんな同盟に価値はあるのだろうか?そもそも先の大戦で無差別攻撃を行い、昭和20年3月10日の東京大空襲で10万人、8月6日、9日に広島、長崎に原子力爆弾を投下し30万人の民間人を虐殺したアメリカに謝罪を要求する権利はない。アメリカがその事について日本に謝罪した事もないのに、日本に謝罪を要求する厚顔無恥な姿勢にあきれて物も言えない。また日本の歴史上どの時代においてもアメリカに謝罪することは何ひとつない。もうイラクから日本の自衛隊は即時撤退しても良いのではないか?沈静化するには高度の外交能力が要求されるであろうが乗り切らねばならない。そして今度の参院選でこの決議案を出してくる政党・議員があれば間違いなく要注意だ。今、細野晴臣、忌野清志郎、坂本冬美のユニット“HIS”のアルバム「日本の人」を聴いている。今、洋楽を聴く気分ではないみたいだ。清志郎と坂本冬美の切れのある日本語の歌唱がただただ小気味良い。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月17日 (日)

今年の父の日 ゴッド・ファーザーⅡ/オリジナル・サウンドトラック

God2 子供たちから父の日に手作りメッセージ・カードを受け取った。去年に引き続き、嬉しい。長男は幼稚園で作ったメッセージ付きカレンダー、

「ながいあしがだいすきって」・・・・

おとうさん、めっさ足短いですから!

胴長コンテストならええとこまでいけるぐらい足短いですから!

ちなみに去年のメッセージは

「あそんでくれたりしごとをしてくれるからだいすき」でした。

幼稚園の年少から年中になったのにコメントがボケボケしてんのは間違いなく父親の影響です。

長女は「絵本を読んでくれてうれしいよ、また読んでね」というメッセージカードと彼女が選んでくれたポロシャツをくれました。

読んでいる絵本の一部はワンダーリング・スピリット(http://ameblo.jp/hiderocks/)の絵本をテーマにした“BOOKS OF WONDER”で紹介してます。

子供達の心のこもったカード、多分それを長女に作らせてかみさんの心使いに感謝して、また去年のように今年もゴッド・ファーザーの音楽を聴く、あの最高のワルツ・メロディに浸りながら。

*去年の父の日の記事トラバします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月 6日 (水)

東京ドームが揺れた夜 RED HOT CHILI PEPPERS IN 東京ドーム

L 3月22日の延期公演がいよいよ6月5日からスタートしたレッド・ホット・チリ・ペッパーズ。レッチリのようなファンク・ロックが東京ドームのような大きな小屋で上手くいくのか?過去、武道館、幕張メッセでのレッチリを観た事があるが浮き沈みが激しく、武道館は外れ、メッセは当たりとその日によってかなり出来不出来の差があることを体感している。果たして今回は・・・ぶっきらぼうに出てきたドラムのチャド、ベースのフリー、ギターのジョンのジャムにヴォーカルのアンソニーが加わりライブが始まった、メンバーの4人の調子が良くファンキーなナンバーでのグルーヴは圧巻であり音響面で不利なドームの構造をものともしなかった。また、若いオーディエンスのノリも凄く、今までにストーンズやマドンナ、氷室がBOΦWYを歌った公演など何度も東京ドーム公演を体験してきたが正直、ここまでドームがクラブのフロアのように揺れたのは体験したことがない、ひょっとして昨日の夜7時~9時過ぎまでのあいだに文京区地区で地震がおこったのなら間違いなく震源地はレッチリのライブのあった東京ドームである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 2日 (土)

長男の誕生会 ダブル・ファンタジー/ジョン・レノン&ヨーコ・オノ

Photo_39 長男の誕生日を前倒しで祝った。晩ご飯はリクエストのたこ焼き、ラプラスで初めて買った円い苺のケーキ、プレゼントはポケモンカードゲームDP(ダイアモンドパール)のエントリーパック。(結構ルールが複雑でHP見ながらでないとわかりません)2002年、日韓ワールドカップ開催年に生まれたあいつも今や5歳、パタリロ顔だろうが笑うと目元が朝青龍そっくりだろうがわれわれ親にしてみれば、“ビューティフル・ボーイ”.。(親ばか、いやばか親)ジョンとヨーコのラスト・アルバムとなってしまった本作“ダブル・ファンタジー”収録の、“ビューティフル・ボーイ”を捧げます。ジョンとヨーコが交互に歌うダイアローグ形式、“スターティング・オーヴァー”“ウーマン”珠玉の名曲が含まれた好アルバムです。

P.Sこのナチュラルな表情のキスのジャケットは篠山紀信撮影によるものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »