« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月24日 (月)

まるっきりパラダイス スカイスクレイパー/デイヴィッド・リー・ロス

Photo東京にオペラを観に来ていたオカンが泊まり、翌日、横浜八景島シーパラダイスに。長男は初めてシーパラダイスに来たのでテンションも高い。“ふれあいラグーン”というイルカ、クジラ、セイウチ、ペンギンなどが間近で見れるスポットができ、子供達も大喜び。またここでは獣舎の裏側を行くウォーキング・ツアーやイルカと泳いだりすることも出来る。イルカと泳げるのは中学生以上なので長女は中学生になったらイルカと泳ぐと心に決めていたようだ。前回来たときよりも“ふれあいラグーン”のような施設の工夫がありまた来たいと素直に思わせてくれた。長女が中学生になったとき、一緒にイルカと泳げるよう体力をつけておこう。久々に聴きたくなったのが“まるっきりパラダイス”を含むデヴィッド・リー・ロスのセカンド・アルバム「スカイスクレイパー」、来日公演もこの時行ったがスティーヴ・ヴァイのハート型のトリプル・ネック・ギター、サーフ・ボードで大阪城を駆け回るダイアモンド・デイブのエンターテイメント・ショー。プロフェッショナルなショーに高校生ながらも感動した。そう今の八景島は“まるっきっりパラダイス”と言っても過言ではないエンターテイメント・アミューズメント施設だろう。

横浜八景島シーパラダイス

(www.seaparadise.co.jp/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

甘い言葉に気をつけろ ライブ・アンド・デンジャラス/シン・リジィ

Tl 福田康夫元官房長官の言葉は信用しない。

・拉致被害者家族に北朝鮮から受けた報告を淡々と言い渡した男。

・靖國に変わる国立追悼施設を作ると平気な顔で言える男。

・核兵器を持つ事でしか延命できない国と話しをしようと言える男。

・外国人記者に村山談話を踏襲すると早々に発言する男。

アジア外交重視どころかその姿勢は一貫して歴史を学ぼうとせず、謝罪恭順の一手で日本という国家を売り渡そうとしている。

福田氏が宰相になれば間違いなく日本は更に歴史を捏造する中国・韓国にアイデンティティを犯されていく。

アイルランド出身フィル・リノットが率いた伝説のロック・バンドシン・リジィの名ライブ盤「ライブ・アンド・デンジャラス」を聞きながら思う。

中でも好きな曲が“甘い言葉に気をつけろ”(DON’T BLEAVE A WORD)、少なくとも福田康夫元官房長官の甘い言葉には気をつけるつもりだ。

*福田氏は昨日のTVで漫画を読む麻生氏を小ばかにしていたが小林よしのりの「平成攘夷論」を読んで少しでも攘夷の気概を持つべきだ。拉致問題を私の手で解決したいと言ったのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »