« これ以上ロシアの拿捕は許すな ブルー・タートルの夢/スティング | トップページ | 東京ドームを制した孤高のロック・トライアングル ポリス・ライブ/ポリス  »

2008年2月11日 (月)

夢のようだぜ ベイベェ  忌野清志郎 完全復活祭 GLAD ALL OVER/忌野清志郎&仲井戸麗市

Photo 昨日の夜のうっすらと雪化粧されたたまねぎと比べ武道館は晴天、まるで清志郎の完全復活を祝っているようだ。グッズを買った人達、看板の前で記念写真を撮る人達、子供連れの人達、清志郎ヘアーにメイクをした人、今や遅しと開場を待ちわびている。いよいよ開場、清志郎直筆の快気祝いの手拭いを渡される。心温まる演出。オープニングでは喉頭がん宣告、治療から復活までの清志郎の写真が映し出される。復活への厳しい日々を乗り越えてきた清志郎の不屈の闘志、音楽への愛情。“ジャンプ”で始まった完全復活祭、声が少し若返っている・・・。最新作、「夢助」からの“誇り高く生きよう”“毎日がブランニュー・デイ”等充実した楽曲。完全復活に賭ける清志郎に早くも溢れる熱い涙、“いい事ばかりはありゃしない”で仲井戸“チャボ”麗市が絡む。ツイン・ドラムの一人は新井田耕造、そうRCサクセションの3/5が今ここで演奏している。チャボの愛情溢れるMC、2人で最初に作った“コーヒーサイフォン”の演奏、清志郎の張りのある声、名曲の数々。詩人忌野清志郎がシャウトする日本語がぐさぐさ突き刺さる、“君が僕を知ってる”“スロー・バラード”チャボが歌う“チャンスは今夜”ではストーンズの映画「レッツ・スペンド・ナイト・トゥゲザー」のような笑える演出。エンディングでのJBばりのマント・ショー。アンコール“よォーこそ”で始まるの怒涛のロックン・ロールショー、そしてとどめ“雨上がりの夜空に”。バンドのメンバーが去り、清志郎がギター1本で“LIKE A DREAM”・・・最後に愛息・愛娘から花束。皆が待ちわびた夢のような清志郎の完全復活、清志郎もバンドマンとして戻ってこれた事を喜んでいる。これは決して夢ではない。これからも最高にグルーヴィーでいかしたシャウトを聴きたい。永遠のバンドマン、忌野清志郎!

忌野清志郎&仲井戸麗市 RC解散後に共演した熱い熱いライブアルバム「GLAD ALL OVER」をしばらく聴こう・・・2008年2月10日の完全復活祭が音源になるまで。

|

« これ以上ロシアの拿捕は許すな ブルー・タートルの夢/スティング | トップページ | 東京ドームを制した孤高のロック・トライアングル ポリス・ライブ/ポリス  »

コメント

コメントありがとうございました。
本当にいいライブでしたね。CHABOが出てきた時はまじで泣けてきました。

投稿: letit_bleed | 2008年2月11日 (月) 22:49

letitbleedさんへ
コメントありがとうございます。
“コーヒーサイフォン”も泣けましたね。

投稿: hiderocks | 2008年2月11日 (月) 22:57

LIVE後 このアルバムばかり聴いています

投稿: Mio | 2008年2月13日 (水) 00:59

Mioさんへ
コメントありがとうございます。
早く、今回の完全復活祭音源になって欲しいですね。

投稿: hiderocks | 2008年2月14日 (木) 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174082/40080268

この記事へのトラックバック一覧です: 夢のようだぜ ベイベェ  忌野清志郎 完全復活祭 GLAD ALL OVER/忌野清志郎&仲井戸麗市:

« これ以上ロシアの拿捕は許すな ブルー・タートルの夢/スティング | トップページ | 東京ドームを制した孤高のロック・トライアングル ポリス・ライブ/ポリス  »